メニエール病に悩まされない方法|女性の発症率が高い病気を知ろう

笑う男性

女性に多い乳がんを知る

カウンセリング

乳がんの発症率は圧倒的に女性が多いとされています。乳がんは9割の患者さんが女性という事もあり男性にとっては非常に珍しいがんとして知られています。男性の場合も女性の場合も同じ症状が表れるため、がんの発見が遅れてしまうと命に関わります。そのため、女性だけでなく男性もがん検診として乳がん検診を受けた方が良いのです。特に、乳がんは遺伝性が比較的高いとされていて、5%から10%のがんは遺伝によるものだと言われています。

検診を受ける際には年齡や症状に合わせて診断を行なっていきます。乳がん検診の際には問診や胸にしこりなどがないかを確かめる触診、マンモグラフィや超音波を利用した検診の方法もあり、昔よりも確実に制度の高い診断を行なえる様になっています。マンモグラフィでは乳がんでよくみられる微細な石灰化を起こしている腫瘍を発見する事が可能となっています。しかし、若い女性の場合は乳腺が多く、乳腺がんとの区別が難しいので若い女性の検診で使用される事はほとんどありません。もう一つの検診方法である超音波検診では手で触れる触診では分かりづらいしこりの判断をより正確に行なう事が出来ます。検査を行なう際に傷みなどを感じる事はありませんが医師の技術によって発見出来るか出来ないかが決まってきます。リスクの低い若い女性向けの検診方法として知られています。乳がん検診にはそれぞれの特徴があるので体調などに合わせて、医師と相談してから乳がん検診の検査方法を決定する様にしましょう。