メニエール病に悩まされない方法|女性の発症率が高い病気を知ろう

笑う男性

女性のがん

レディー

女性特有のがんと言えば卵巣がんです。乳がんの場合は男性も発症してしまう可能性のあるがんなのですが、卵巣は女性にしか存在しない臓器であるため、女性特有の頑として知られています。卵巣部分にがんが発生すると卵巣がんと呼ばれるがんになります。このがんの検査方法としては腹部の超音波検査やCTスキャン、MRIなどがよく知られています。超音波検査の場合は卵巣の位置する腹部に超音波を当てて画像検査を行ないます。CTスキャンとMRIも画像検査であるため、正確な診断結果を下すことが可能となっています。もしも卵巣にがんの発生が疑わしい場合は、血液検査を行なって悪性か良性かを判断します。卵巣がんの場合は別の臓器に転移する悪性のものと転移をしない良性のものに分けられます。血液検査を行なえば良性か悪性かどうかがわかるので血液検査を行なって悪性か良性かを判断します。悪性の場合は病状が進まないうちにがん治療を行なう必要があるので1箇所にがん細胞が集まっている状態であれば切除手術などを行なって転移を起こしてしまう前にがんの巣を体内から取り除いていきます。症状が進行している場合は卵巣付近の臓器にがんが移動している可能性や血液やリンパ液によってがんが全身を巡っている状態になってしまった状態では薬物療法を用いて全身に抗がん剤が行き渡るような治療を行なっていくのが一般的です。非常に怖いがんですが、早い段階で治療を行なう事が出来れば90%を超える5年生存率となっているので決して生存率の低い病気ではないのです。